ファインダーから眺める毎日
calme.exblog.jp
Top
■ よこはま
2009年 08月 18日 |
今の私の中の横浜は色が淡くて静かなイメージです。
b0143983_1073337.jpg


以前は横浜は中華街があるから、賑やかで派手派手なイメージを持っていました。



b0143983_108473.jpg


b0143983_1081555.jpg



ユーミンの曲「海を見ていた午後」に出てくる‘ドルフィン’
b0143983_10102142.jpg


 ♪あなたを思い出す
  この店にくるたび
  坂をのぼって今日もひとり来てしまった
  山手のドルフィンは静かなレストラン
  晴れた午後には遠く三浦岬も見える
  ソーダ水の中を貨物船が通る
  小さな泡も恋のように消えていった

少し悲しい歌です。


素敵な景色を見ててもお腹は満腹になりません。
今までのイメージの中華街へ。
b0143983_1019527.jpg


この日、三国志に登場する‘関羽’の生誕をお祝いする行列に遭遇。
爆竹の音にビビりながら人の山をかき分け、
ビールを片手に小龍包としゅうまいを味わい、中国茶の香りにも浸ってと
短時間で中華街を満喫。
b0143983_10202211.jpg



知らない町を車で通る時の景色って楽しくて
キョロキョロしてしまいます。
b0143983_10442322.jpg

[PR]
by parfum_calme | 2009-08-18 10:51 | | Comments(4) |
Commented by happypeas3 at 2009-08-20 17:47
お近くまで来てたんですね~!なじみの景色に嬉しくなります。
中華街の写真を見てたら、スイートシーズンっていうドラマを思い出しました。(←知ってます?笑)何だか勝手に、parfumさんとはいつかどこかで会える気がしてるんですよね・・・
Commented by tokyoshoegirl2 at 2009-08-20 23:28
どうして、淡い色を連想するようになったんだろうね。

私にとっての横浜は、色も時代も人もあらゆるものが何でもそろっている街で、
一言では言い表せないところ。
思い出もいっぱいあるし!

中華街の看板の2枚組、いかにも!って感じで好きです。
Commented by parfum_calme at 2009-08-21 11:58
> happypeas3さん
 そちら方面にお住まいなのですね。
 横浜は今の住まいからは遠くなり、車だから行ける場所になりつつあります。
 
 スイートシーズン、すいません。知りません^^;
 そのドラマは中華街を舞台にしてたんでしょうか。
 
 いつかどこかで・・・偶然ですか? んなわきゃないか。
 もしすれ違っても、お互いわかんないですものね。
 いつかお会いする時があるといいですね(*^_^*)  
Commented by parfum_calme at 2009-08-21 12:11
>tsgちゃん
 どうして淡い色なんだろ・・・ 
 tsgちゃんにとっての横浜は思い出がいっぱいあるから余計に一言では言い表せないのかな。
 
 神戸の中華街とは全然違うよね。
 中華街の夜は初めてだったんだけど、夜の方がいかにも‘中華街’って感じだね。 
<< かまくら ページトップ 苺のババロア >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon