ファインダーから眺める毎日
calme.exblog.jp
Top
■ 倉敷アイビースクエア
2012年 11月 19日 |
ホテルの建物は蔦に覆われています。
b0143983_10511090.jpg





明治時代、倉敷紡績の工場として建設された建物だったそうです。
現在は観光施設として使われています。
b0143983_1052865.jpg


夏は緑、秋は赤、そして冬には葉っぱが落ちてあせたこげ茶色に。
そしてまた春には新緑色へと変化していきます。
b0143983_1114975.jpg


何度か訪れたことはありますが
宿泊したことも、料理を頂いたこともありません。
多分、観光客の多くはアイビーのからまるホテルを見にくる・・・だけが目的。
カメラを首から下げた人が中庭をうろうろしています。
それも気持ちよく受け入れてくれるホテルなのです。
b0143983_11041.jpg


そこは煉瓦と相まって
夏には夏の、秋には秋の、そして冬には冬の
温かみのある
心を落ち着かせてくれる空気が漂っています。
b0143983_1103367.jpg

[PR]
by parfum_calme | 2012-11-19 11:04 | | Comments(0) |
<< ひかり ページトップ 遠く美観地区へ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon